Valefor(8鯖)で生活するDorodoroの私的放浪記


by doro2_thf
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

【ミザレオ海岸にて】(05年10月17日)

タブナジアに行ける様になった訳ですが、ほとんど足を踏み入れた事が無いので彷徨ってみました。
バルクルム砂丘からは行った事があったので、今回はクフィムから向かってみます。

いつもレベル上げ部隊でごった返していた感のある、クフィム地上入口や塔前には人影もまばら。
当該レベル人口が少なくなってきたのかなぁと少々思うと共に、今なら楽じゃんとか羨ましい部分も^^
忍者(22)やモンク(20)、詩人(24)あたりが適正なんだよなぁ、クフィム・・・。
せめて30まで上げておくと色々といいのかもなぁ・・・。
まぁ、考え始めるとやりたくなるから、とりあえずいずれw

ベヒーモスの縄張りへと続く洞窟から、緑の霧みたいなワープゾーンを抜けてミザレオ海岸へ。
どうしてワープするのかと言う究極の謎は、きっといずれ解けるんでしょう(実はどうでもいいw)。

洞窟を抜けて外に出るときれいな風景が^^
殺伐とした日常を忘れさせてくれるような、緑の多いのどかな自然が広がっています。
人の手が入っていない、うち忘れられた自然、という印象ですかね。
慎重に敵の強さを調べつつ進むも、ほぼ『練習にならない相手』と言う事で安心です^^
大鳥と葉っぱだけが楽表示でしたが、襲われはしない模様です。

ウロチョロとしていると、川を発見したので意味も無く上流へ。
水辺を発見すると、釣りを意識してしまうのは既に病気でしょうかw
水辺と言うこともあり、魚やカニが多く生息しているので釣ればリンクなのかなぁ。。。
などと思いつつ移動をしているとなにやら上流に大きな滝が!

北グスタの滝とは違い、壁面から落ちる幾筋もの流れが雄大な景色を作り上げています。
壁面に生える木々や、周囲にかかる霧(?)も雰囲気満点です。
リアルならマイナスイオン沢山で、とてもとてもヒーリング効果ありそう(´ー`)
大きな滝つぼの前に立って滝を眺めていると、ちょっとだけ嬉しくなったり^^

プロマシアMを進めていないのでまだ街が使いにくいタブナジアですが、
観光目的で彷徨ってみたりするのも良いもんだなと思いました。
オープニングの場所も見てみたいですし^^

でも、次は空に行ってみたいもんですね(*^▽^*)
[PR]
by doro2_thf | 2005-10-17 18:11 | FF~日常~